福井市子ども会育成連合会 

FUKUI 

福井市子ども会育成連合会

令和4年度 活動方針 

活動スローガン 

Hop,Step,Jump!!

 
 令和3年度は前年度同様コロナ禍の様子を探りながらの活動でした。しかしWeb会議などの急激なデジタル化によって、より多様化した活動ができたと思います。わずかにWithコロナの時代を感じはじめましたが、これまでの経験と新しい経験を織り交ぜることにより、今まで以上に楽しく魅力的な活動ができる事を確信しています。
「より高くジャンプするためには、大きくしゃがまなければいけない」とはよく云われることですが、まさにこの2年間は大きくしゃがんだ2年だったのではないでしょうか。
 令和4年度は大きくジャンプする年にしたいと願い、このスローガンを作成しました。リズムを刻むように、新しい景色をイメージして、楽しく活動していきます。
 

基本的な活動方針 

すべての活動が人財育成に繋がるよう活動する。

 

具体的な展開 

・活動における「目的」の説明と実践
・活動をとおして経験を「共有」する
・さまざまな形態で「話し合う」
・信頼をもって「任せる」
・すべての参加者に「感謝」を伝える
・すべての活動にわくわくする
 

おもな主催事業について 

指導者・育成者研修会

参加者へ耳を傾け、要望にあった研修会を開催します。

熊本市・結城市交流事業

団員はもちろんのこと指導者の成長も後押しする活動にします。

リーダー夏研・春研

「子どもの手による子ども会活動」の中心となるリーダー育成を目指します。

福井市子ども会写生大会

大会の目的とねらいを説明し、多くの子ども達に参加いただきます。

福井市子ども大会

地域育成会の発表の場ととらえ、様々な活動を実践・紹介します。

広告活動・広報活動

HPやSNSも積極的に利用し、活動の告知と報告をしっかり行います。

オンラインミーティング

ZoomやLINEなどを積極的に利用していきます。

アンケートの実施

すべての主催事業にて実施・公開し、次の活動へ繋げます。 

他団体との協働活動

他の団体とコラボレーションすることで、より多彩な活動を行います。

育成ということ

参考)子ども会活動の意義

間が人間らしく成長・発達するためには、その発達段階に応じた「育成」の助けがなくてはなりません。「人間らしく育つ」とは、その個人のもつ、すばらしい可能性を伸ばすということです。子どもが成長するためには、人間らしく、いろいろな決まりになれたり、守ったり、生活のしつけを身につけたり、また多くの知識を自分のものにしたりすることが必要です。それには、両親をはじめとする多くの人たちの助力が必要です。このような助力のことを「育成」というわけです。
 
内容
子ども会活動は、あくまでも「社会教育的活動」であるところに、その立脚点があります。地域の子どもの教育と環境が、地域の崩壊と相乗する中で、今ほど、子ども会活動の意義を正しく啓発し、その活動を積極的に進める必要のあるときはありません。地域社会を成立させている要因=「地縁性と共感性」が希薄化する中で、子どもたちが集う遊びの世界を取りもどし,ゆとりのある子どもの生活を享受させる「子ども会」を育成していくことが大切です。
 
 
出典:一般社団法人 福井県子ども会育成連合会 ~子ども会のあり方より抜粋~
https://www.kodomo-kai.or.jp/fukui/arikata/       

福井市子ども会育成連合会 事務局

〒910-8511 福井市大手3丁目10番1号
福井市教育委員会事務局 青少年課内
TEL (0776)20-5418 FAX (0776)20-5434
syounen@city.fukui.lg.jp