〒910-8511 福井市大手3丁目10番1号 
福井市教育委員会事務局 青少年課内
TEL(0776)20-5418 FAX(0776)20-5434

 
 
福井市こども会写生大会

 

福井市こども会写生大会

 
 写生大会では、夏休み前に各地区に画用紙を配布し、夏休み明けの8月中に地区ごとに作品を回収してもらい、小学校美術部会教師に審査を依頼し、10月に表彰式を行います。
 子ども達に福井の自然や身近な環境に目を向けてもらうことを目的としています。
 
福井市子ども会育成連合会は、画用紙の配布、審査補助、表彰式の企画運営を行っています。

令和2年度写生大会審査会 

 9月3日 福井市役所8階にて、写生大会の審査会が行われました。コロナ禍で夏休みが短かったにも関わらず、17地区から2077点の作品の応募がありました。どの作品も一生懸命に描いてあり、楽しい夏の出来事がよくわかる作品ばかりでした。5人の先生方による厳正な審査の結果、幼児・小学1~6年生(今年は中学生の応募はありませんでした)の各学年、福井市長賞・福井市教育委員会賞・福井市子ども会育成連合会賞・日刊県民福井賞・中日新聞賞の5賞が決定しました。表彰式は10月11日(日)アオッサにて行われます。(予定)なお、10月11日~14日、アオッサ1階アトリウムにて、入賞作品を展示いたします。また、市子連のホームページにおいても掲載しますので、子どもたちの力作をご覧になってください。
 

 

福井市子ども会写生大会表彰式(令和2年)

福井市写生大会表彰式を開催
令和2年10月11日(日) アオッサにおいて、「第45回 福井市子ども会写生大会表彰式」を開催しました。市長賞をはじめ福井市教育委員会賞などの作品を表彰させていただきました。
 今年はコロナの影響で夏休みが短くなる等の影響もありましたが、17地区2077作品の応募がありました。 表彰式は感染防止の為、低学年と高学年の2部構成で行いました。 受賞された作品はアオッサ1Fアトリウムで14日(水)まで展示されています。また、10月11日付けの日刊県民福井の誌面にも掲載されていますのでご覧ください。
 今後も、継続して写生大会を実施していきたいと思っておりますので、一人でも多くの子供たちに参加していただきたいと思います。最後に、表彰された皆様、本当におめでとうございました。
 


表彰式

令和2年度福井市子ども会写生大会 受賞作品

市長賞

幼児

1年生

2年生

3年生

4年生

5年生

6年生


福井市教育委員会金賞

幼児

1年生

2年生

3年生

4年生

5年生

6年生


福井市子ども会育成連合会賞

幼児

1年生

2年生

3年生

4年生

5年生

6年生


日刊県民福井賞

幼児

1年生

2年生

3年生

4年生

5年生

6年生


中日新聞賞

幼児

1年生

2年生

3年生

4年生

5年生

6年生

審査講評

福井市小学校長会図工部会長 福井市美山啓明小学校 校長 石堂和代先生

 今年度は夏休みも短く、活動が制限された中でしたが、十分に描き込まれた作品が多く感心しました。マスク姿や新幹線橋りょう工事など今年ならではの作品も目をひきました。
 特に入賞されたみなさんの作品は、工夫がいっぱいでした。
 
 まずは、描きたいイメージをしっかりもって表していることです。
市長賞の作品を例にすると、幼児ではフクラム電車が行き交う楽しい印象、1年生では高い波の中泳いだイメージが、4年生ではミニトマトの成長を愛しんでいる作者の思いが伝わってきます。
 
 また、色彩や描画材料の工夫をしていることです。
2年生の大仏は緑一色で描かれていますが、その絶妙な色の違い、3年生では水草の透明感のある色など、イメージに合わせていました。
 
 さらに、高学年では構図の工夫がありました。
5年生では複雑な工事風景を立体的に画面におさめ、6年生では中央に鳥居を描き、そびえ立つ高さを陰影で表していました。
 
 どの入賞作品も、いつまでも飽きることなく見ていることができるものばかりです。
 
 作品審査を通して、描くことを楽しんでいる子どもたちが想像され、なんとも温かい気持ちとなりました。ぜひ来年度もがんばってください。